生産

ボルボ・ペンタは環境に配慮し、人類共通の資産である天然資源を大切に使うことを生産コンセプトの重要なポイントと位置づけています。ボルボ・ペンタはすべての工場で環境プログラムを実施し、ISO14001の認証を取得しています。

 ボルボ・ペンタの生産工場は、ボルボ・グループ全体に課せられた環境規定を遵守しています。規定には、化学薬品の使用制限、大気および河川への排出制限、廃棄物管理、環境対策のための組織作りなどが含まれています。

 スウェーデン南部のヴァラ工場では、亜硫酸ガスの排出削減と有害科学物質の段階的撤廃に成功しました。現在、塗料と工作油剤は主として水性のものを使用しています。ヴァラ工場は1996年にISO14001の認証を取得しました。


テネシー州レキシントンにあるマリンプロパルション工場では、塗装工程を効率化し、溶剤と有害廃棄物の排出を大幅に削減しました。水の消費量は1995年の約半分です。レキシントン工場は1999年にISO14001の認証を取得しました。

シェーブデ(スウェーデン)のディーゼルエンジン工場は1998年にISO14001の認証を取得、中国・無錫(むしゃく)のボルボ・ペンタ工場は2003年に取得しました。

ボルボ・グループ全工場の環境データは「2004年環境データ」にて公表しています。