Skövde

ショブデにあるボルボの共有のディーゼルエンジン工場がボルボ・グループでの一番多くの異なるエンジンを生産している工場です。トラック、バス、建設機械とボルボ・ペンタのマリーン・産業のエンジンが含まれます。

この工場はボルボ・ペンタのエンジンの総生産量の20-25%を占め、世界中で一番オートメーション化された工場です。ここでは7から16リットルのディーゼルエンジン、例えばD12エンジンがつくられています。